一般社団法人 人文知応援フォーラム

第二回人文知応援大会開催

 

 2022年3月12日(土)、当フォーラムと人間文化研究機構との共催で、第二回人文知応援大会「人類の未来を考える ―人文知における先端と古典の融合」が東京の一橋講堂において開催されました。【チラシ】

 

大隅良典氏(東京工業大学榮譽教授)

 大隅良典氏(東京工業大学榮譽教授)による「科学の健全な発展を願って ~半世紀の研究をふりかえって基礎科学とは何かを考える~」と題した基調講演で、大隅氏は、純粋な知的好奇心から、オートファジーの研究に挑戦したと、ご自身の経験を紹介。科学をめぐる現在の様々な問題点も指摘されました。科学とは人類が蓄積してきた知の総体であり、知に対して貪欲であろう、科学を文化として楽しむ社会を作ろうと参加者に呼びかけられました。

右より
パネリスト:大隅良典氏、齋藤真麻理氏、落合陽一氏、南場智子氏、吉田丈人氏
コーディネーター:大林剛郎(人文知応援フォーラム理事)

 続くパネル討論には、大林剛郎(当フォーラム理事)のコーディネートのもと、大隅氏に加えて、南場智子氏(ディー・エヌ・エー会長)、メディアアーティストの落合陽一氏、齋藤真麻理氏(国文学研究資料館教授)、吉田丈人氏(総合地球環境学研究所准教授)が参加。教育の問題、失敗を恐れず、楽しむことの大切さ、AIと人文知の未来など、活発な意見が交わされました。

パネル討論の終了後、大会宣言 と、ウクライナ情勢に関する付帯決議が読み上げられ、拍手をもって採択、第二回人文知応援大会は終了しました。

第2回応援大会の内容を深掘りする、分科会を開催します。
(会員でない方や応援大会に参加されておられない方も歓迎いたします)

タイトル
「第2回応援大会のリフレクション」
開催日時
2022年4月23日(土)16:00~20:00
開催場所
学士会館
リアルとオンラインのハイブリッド開催
申込方法
こちらよりご登録ください。(〆切:4月20日(水))
参加費用(税込)
お申込内容や会員区別にそって4月20日(水)までにお振込ください。参加費のお振込をもってお申込完了となります。   

「みずほ銀行 倉敷支店 普通 3024262 一般社団法人人文知応援フォーラム」

会員非会員
分科会:会場/オンライン 1,000円3,000円
懇親会:会場参加のみ 6,000円7,000円

※分科会を機にご入会いただく方は会員区分を「今回を機に会員に申込む」としてお申込ください。また、別途こちらからご入会手続をお願いします。
※振込手数料はご負担ください。
※キャンセル:4月19日までにご連絡いただいた場合、振込手数料を差し引いてご返金します。
※25歳までの学生の方はお申込の自由記入欄にその旨をご記載ください。学生割引いたします。

お問合せ先
人文知応援フォーラム
TEL:086-436-7002
E-mail:info@jinbunchi.or.jp
主催
一般社団法人人文知応援フォーラム
開催主旨
第2回人文知応援フォーラムでは基調講演とパネル討論を通して様々な観点から人文知の重要性が指摘されました。その中から、また議論を発展させる形で、次の四つのテーマにしぼり更なる議論を行います。

  •  ・自然科学(基礎科学)や人文学の意義や価値の認知をどう作っていくか
  •  ・人文知と暴力・戦争・支配(人文知のもつメリット/デメリット)
  •  ・メタバースと人文知
  •  ・「役に立つ」から「意味がある」への価値変換に果たす人文知の役割

参加者の皆様にはお申込にあたりグループ討論の際に参加されるテーマ(グループ)をご指定いただきます。

■プログラム(予定)

新型コロナウイルス感染症に伴う会場の運営方針などによりスケジュールは変更される可能性がございます。
16:00
開会挨拶   近藤 誠一(人文知応援フォーラム代表理事)
16:05-16:55
グループ討論 テーマ別のグループに分かれて討論を行います。
16:55-17:25
全体発表   グループごとに討論の内容を発表していただきます。
17:25-17:55
全体討論   グループ討論や全体発表をもとに皆で意見交換を行います。
17:55-18:00
閉会挨拶
18:00-20:00
懇親会    1テーブル4名の着席にて懇親会を行います。

人文知応援フォーラムは、人間文化研究機構と共催して、2022年3月12日(土)に「第二回人文知応援大会」を開催します。このたび、開催当日の余韻が冷めやらぬところ、大会趣旨のご説明や開催結果のリフレクションなどについて、記者の皆様との懇談会を開催いたします。

〇日     時  令和4年3月12日(土)17:30~18:30

〇会     場  一橋講堂 特別会議室101

〇出席予定者(予定)
近藤 誠一 人文知応援フォーラム代表理事・大会実行委員長(元文化庁長官)
大原謙一郎 人文知応援フォーラム代表理事(大原美術館名誉館長)
平川  南 人文知応援フォーラム理事・人間文化研究機構長
榊󠄀原 定征 人文知応援フォーラム理事・日本経済団体連合会名誉会長
大林 剛郎 人文知応援フォーラム理事・株式会社大林組代表取締役会長

〇お申込み
参加ご希望の場合、メディア懇談会前日(3/11)17時までに、FaxまたはEメールにより人文知応援フォーラムまでお申し込みくださるようお願い申し上げます。
また、今回ご参加いただけない場合も、ご連絡をいただけましたら、当日配布資料や今後のご案内なども送らせていただきます。


詳細はこちらをご覧ください。

〈 お問合せ先 〉
一般社団法人人文知応援フォーラム
電話:086-436-7002
FAX:086-422-4518
info@jinbunchi.or.jp

来る3月12日(土)に第2回人文知応援大会を開催いたします。

第2回人文知応援大会は、第1回人文知応援大会(令和3年2月27日開催)に引き続き、当フォーラムと大学共同利用機関法人人間文化研究機構との共同で、開催いたします。

 〇日     時  令和4年3月12日(土)13:30~17:00

 〇会     場  一橋講堂   会場参加 及び オンライン

 〇タイトル  人類の未来を考える (人文知における先端と古典の融合)

 〇プログラム
<基調講演>
「科学の健全な発展を願って ~半世紀の研究をふりかえって基礎科学とは何かを考える~」
講師 大隅良典 東京工業大学榮譽教授

<パネル討論>
コーディネーター:大林 剛郎(人文知応援フォーラム理事)
(パネリスト)
大隅 良典(東京工業大学榮譽教授)
南場 智子(株式会社ディー・エヌ・エー代表取締役会長)
落合 陽一(メディアアーティスト)
齋藤真麻理(人間文化研究機構国文学研究資料館教授、総合研究大学院大学文化科学研究科日本文学研究専攻長)
吉田 丈人(人間文化研究機構総合地球環境学研究所准教授)

※詳しくは、案内チラシをご参照ください。 第2回人文知応援大会チラシ

〇参加申込み(人間文化研究機構HP)
https://www.nihu.jp/ja/event/nihu/event/20220312

 〇メディア懇談会のご案内
応援大会の終了後、記者の皆様との懇談会を開催します。ぜひご参加いただけますと幸いです。
詳細はこちらをご覧ください。

〈 お問合せ先 〉
一般社団法人人文知応援フォーラム
電話:086-436-7002
FAX:086-422-4518
info@jinbunchi.or.jp

↑