CLOSE

人文知を守り、未来につなげたい

理事

大林 剛郎

株式会社大林組代表取締役会長

人文知を守り、未来につなげたい

理事

大林 剛郎

株式会社大林組代表取締役会長

 我々の日常を考えますと、生活に直結するイノベーションやテクノロジーに関する話題がメディアで大きく取り上げられ、人々の関心もそちらに集まりがちですが、一方で、人文知の重要性は誰もが本質的には理解していることもまた事実だと思います。私はこの応援フォーラムの活動を通して、古くから蓄積されてきた人文知を守りたいと考えています。コロナ禍を通じて我々はこれまでの価値観と生活様式を見つめなおし、大きく変えることを迫られました。このタイミングで人文知応援フォーラムが立ち上がったことに非常に大きな意味を感じています。人文知を守りこれからの世代につなげることで、人文知とこの国のより良い未来をつくっていきたいと考えています。

人文知は活きて働く

代表理事

大原 謙一郎

公益財団法人大原美術館名誉館長(元株式会社クラレ副社長)

人文知は活きて働く

代表理事

大原 謙一郎

公益財団法人大原美術館名誉館長(元株式会社クラレ副社長)

 私は美術館の経営者です。「文化・芸術・人文学の伝道師」が仕事です。その前はいわゆる「企業戦士」でした。化学企業と銀行に在籍していました。
 仕事で付き合った世界の事業リーダーたちは皆、豊かな見識を備えた魅力的な教養人でした。彼らと対等に渡り合うためには日本のリーダーも「人文知」を身につけなければならないと、しみじみ感じさせられました。
 「人文知って何だ?」と聞かれても私にはうまく答えられません。ですが、人文知は、世界各地で活きて働いています。優れた仕事の背後には優れた人文知が隠れています。
 今後とも、この場で、「活きて働く人文知」を応援し続けたいと思います。

人文知への大いなる期待

理事

草野 満代

フリーアナウンサー(国土交通省 社会資本整備審議会委員)

人文知への大いなる期待

理事

草野 満代

フリーアナウンサー(国土交通省 社会資本整備審議会委員)

 コロナ禍でこれまでにない不安とストレスに押し潰されそうになります。明日は今日の続きだと盲信していた頃が懐かしくもあります。
 そんな中で、ある知り合いの若い哲学者と「心」について話しをする機会がありました。英語のheartではない「こころ」についてです。ほんの1時間ほどの語らいが私の干上がりそうなココロを救ってくれました。生物学的か、経済的な価値かに囚われがちなこの困難時にあって、社会の中で、歴史の中で存在する人間として、どう生きるべきかへと話は続きました。
 目先の成果や利益を追うことに腐心するのではなく、不確実な世界を強く生きるための柔らかな心を持ちたいと願います。
 そのための大きな手助けに、人文知がなってくれると信じています

「人文知」は先人の叡知から

代表理事

近藤 誠一

近藤文化・外交研究所代表(元文化庁長官)

「人文知」は先人の叡知から

代表理事

近藤 誠一

近藤文化・外交研究所代表(元文化庁長官)

 「留まれ、お前はいかにも美しい」(ゲーテ『ファウスト』)

 人はどう生きるべきか、あるべき社会とは。。。この永遠の問がいま改めて問われています。現代の人間は経済、テクノロジー、学問の専門性に閉じこもり、目先の富と権力の追求に走り、その結果自然に負荷をかけ、自らのガバナンスを行き詰まらせているからです。
 この隘路から脱して上記の問いに真剣に立ち向かうためには、「人間はどうあるべきか」という本来の目的に立ち返らねばなりません。そしてそれは必然的に「そもそも人間とは何か」という根源的な問に導きます。それに答えるのが人文知です。それは先人が言語化、芸術化してくれた叡知に見出すことができます。
 哲学、医学、神学などすべての学問を極め、享楽を尽くしながらなお満足できなかったファウスト博士に冒頭の言葉を叫ばせたのは、最高の知識でも、巨万の富や歓楽でもなく、自由な土地で日々自由に働く勤勉な市民の姿だったのです。
高の知識でも、巨万の富や歓楽でもなく、自由な土地で日々自由に働く勤勉な市民の姿だったのです。

今こそ求められる『人文知』~経済界の立場から~

理事

榊󠄀原 定征

日本経済団体連合会名誉会長(東レ株式会社社友 元社長・会長)

今こそ求められる『人文知』~経済界の立場から~

理事

榊󠄀原 定征

日本経済団体連合会名誉会長(東レ株式会社社友 元社長・会長)

 日本経済、ひいては人類社会の発展にはイノベーションの創出が不可欠ですが、社会経済システムが複雑化し、価値観も多様化する昨今、特定の専門分野のみの探求では、その実現は極めて困難であり、自然科学のみならず、人文社会科学などの幅広い知識・教養を身に着け、人間社会を複眼的に捉える視点が必要となります。
 私はかねてより、経済界の立場から「人文知」の重要性を訴えており、国立大学改革の議論の際には、人文社会科学を含む幅広い教育が大切であることを主張し、政府方針に反映頂きましたが、こうした努力も奏功し、最近では科学技術基本法の改正や、同基本計画の検討にも「人文知」の重要性を取り上げて頂いたものと考えています。
 今回、本フォーラムへの参加を機に、諸活動を通じ、引き続き「人文知」の普及啓発に尽力したいと思います。

「人間の知」としての人文知

理事

高階 秀爾

美術評論家、公益財団法人大原美術館館長

「人間の知」としての人文知

理事

高階 秀爾

美術評論家、公益財団法人大原美術館館長

 人文知とは、「人間(について)の知」です。かつて古代ローマの劇詩人が「私は人間だ、人間的なものはすべて私には無縁ではない」と述べたその「人間知」です。具体的には「人間知」の習得涵養は、「教養」の理念”Everything of something, something of everything”と結びつきます。人はある分野(専門領域)については、徹底してすべてを知らなければならないと同時に、他のあらゆる分野についても、何ほどかの知識を持たねばなりません。人間として生きるとはそういうことです。「学問・文学(litterae)のない人生は死である」と哲人セネカも言っているように。

テクノロジーと人類の調和

理事

長谷山 彰

慶應義塾大学名誉教授

テクノロジーと人類の調和

理事

長谷山 彰

慶應義塾大学名誉教授

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界を鎖国状況に追い込み、グローバル化の動きが急停止しました。ヒト・モノ・カネが国境を越えて流動するグローバル化の波にのってウイルスも拡散しています。
 人々が分断され、孤立する中で、閉塞感が広がり、いわれなき差別や誹謗中傷が横行し、時に暴力が吹き荒れました。他方で、オンラインを活用した会議や癒しの動画発信など、ICTに代表される新しいテクノロジーが人々の絆を取り戻す動きも見られます。
 テクノロジーか人間か、科学か人文学かという二項対立ではなく、人間性を回復し、テクノロジーと人間の調和を可能にするために、しなやかな知性と感性に裏付けられた総合的な人文知の働きが求められています。

教養を探す仲間

理事

林 真理子

小説家、エッセイスト、公益社団法人日本文藝家協会理事長

教養を探す仲間

理事

林 真理子

小説家、エッセイスト、公益社団法人日本文藝家協会理事長

 今の若者の本離れは、おそらく世間に伝えられている現状よりも、もっと深刻なものがあります。本を通じて得る「教養」というものを放棄しているような気がしてなりません。
 「教養」は持たなければ持たないで済む。その入り口を探すことをしなくては見つからないものです。しかしその入り口にたどり着かないのはなんと貧しい人なのか。生きていく旅の途中、多くの知に触れることは、人間の大きな幸福のひとつです。決して上から目線ではなく、一緒に旅を続ける仲間として、行動を起こしたいと思います。

人間文化研究機構との連携事業の推進

理事

平川 南

大学共同利用機関法人人間文化研究機構長

人間文化研究機構との連携事業の推進

理事

平川 南

大学共同利用機関法人人間文化研究機構長

 人間文化研究機構は、人間文化研究に関わる6つの大学共同利用機関(国立歴史民俗博物館、国文学研究資料館、国立国語研究所、国際日本文化研究センター、総合地球環境学研究所、国立民族学博物館)によって構成され、文理を含む国内最大級の研究者集団として、「人間とその文化」を俯瞰することのできる大きな研究の総合化を目指しています。
 このような、文と理を超越した知の総体としての「人文知」を社会に普及するために、人文知応援大会等の共同企画・実施など、本フォーラムとの連携事業を推進し、日本における人文知及び人文学のプレゼンス向上に共に努めて参りたいと思います。

人間文化研究機構ウェブサイト:https://www.nihu.jp
人文知コミュニケーターとは:https://www.nihu.jp/ja/training/jinbunchi

科学や技術の推進・振興にも
人文知が必要である

理事

福岡 伸一

生物学者(青山学院大学教授・米国ロックフェラー大学客員研究者)

科学や技術の推進・振興にも
人文知が必要である

理事

福岡 伸一

生物学者(青山学院大学教授・米国ロックフェラー大学客員研究者)

 C・P・スノーがかつて『二つの文化』の中で述べたとおり、世界を人文知(The humanities)と理系知(The sciences)に分断することは、世界を視るための、総合的な視点、統合的な思考を大きく損なうことになると思います。若い人たちの進路を早い段階から文系と理系に分けてしまうこともあまりよいことではないと考えます。昨今、特に、人文知の危機が懸念されていますが、科学や技術を推進・振興する上で、人文知がもたらしてくれる時間軸、歴史軸がより必要になることを訴えていきたいと思います。わたしの専門に関していえば、生命科学を考える上で、生命哲学や生命観の変遷、生物学史といった人文知がなくてはならないと考えています。

日本人と人文知

理事

松元 崇

国家公務員共済組合連合会理事長(元内閣府事務次官)

日本人と人文知

理事

松元 崇

国家公務員共済組合連合会理事長(元内閣府事務次官)

 日本には様々な人文知があります。禅においてしかり、俳句においてしかりです。私は、六十の手習いでお茶を始めました。お茶は中国伝来ですが、千利休が日本文化の原型として確立しました。それが庶民だけでなく、江戸時代には大名茶として、明治以降は経済人のお茶としても親しまれてきました。それは、お茶が、社会が大きく変化していく中でも、人々が自らの原点に立ち返るよすがであり続けてきたからです。新型コロナの脅威が広がり、変化が激しく不確実で複雑、曖昧(VUCA)といわれる時代になっているからこそ、人々がその原点に立ち返ることが、日本の発展に、そして一人ひとりの幸せにつながるはずです。多くの人に、人文知の応援に加わっていただきたいと思います。